八文字屋

閉じる

八文字屋

menu

店舗情報

イベント

イベント・お知らせ

八文字屋本店

2019年10月05日 - 2019年10月06日

手書きに染まる2日間

八文字屋北店

2019年09月27日 - 1970年01月01日

第五弾! 声を使って遊ぼう

八文字屋北店

TENDO八文字屋

八文字屋書店SELVA店

2019年09月21日 - 2019年09月23日

おしりたんていがやってくる!

more

インフォメーション

Twitter and facebook

八文字屋週間ランキング

おしりたんてい ラッキーキャットはだれのてに!

トロル/ポプラ社

1058円

先週の順位1位 new

落日

湊かなえ/角川春樹事務所

1728円

先週の順位2位 new

世界一美味しい手抜きごはん

はらぺこグリズリー/KADOKAWA

1404円

先週の順位9位 new

70歳のたしなみ

坂東眞理子/小学館

1188円

new

医者が考案した「長生きみそ汁」

小林弘幸/アスコム

1404円

先週の順位10位 new

他のランキングを見る

オリジナルグッズ

more

新刊情報

幻冬舎 / 川上 弘美

1,728円

名前も記憶もお金も持たない某は、丹羽ハルカ(16歳)に擬態することに決めた。変遷し続ける〈誰でもない者〉はついに仲間に出会う−。愛と未来をめぐる長編。

楽園の真下

文藝春秋 / 荻原 浩

1,890円

日本でいちばん天国に近い島、志手島。その島で世界最大級のカマキリが発見された。フリーライターの藤間は、取材のため現地へ向かう。だが、楽園とは別の姿が…。科学サスペンス長編。

遠い他国でひょんと死ぬるや

祥伝社 / 宮内 悠介

1,836円

単身フィリピンに渡り、激戦地ルソン島で戦死した詩人・竹内浩三の足跡を辿りはじめた須藤。山下財宝、山岳民族、イスラム独立闘争…須藤はそこで何を見たのか。

プルースト効果の実験と結果

文藝春秋 / 佐々木 愛

1,458円

過剰な自意識、空回りする憧れ、思い通りにいかない初恋。思春期の苦くて甘い心情を描いた青春恋愛短篇集。表題作ほか、「楽譜が読めない」「ひどい句点」など全4篇を収録。

答えより問いをさがして

講談社 / 高橋 源一郎

1,296円

「読む」と「書く」をとおして、自分が変わる。人生が変わる。さあ、ことばをめぐる冒険の旅へ出かけよう! きのくに国際高等専修学校にて2018年6月に行われた特別授業を元に再構成。

きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ

NHK出版 / 荒井 良二

1,728円

きょうもあしたも特別な日。毎日はかがやいている―。愛馬“あさやけ”とともにお祝いの旅に出た“ぼく”は、たくさんのうれしくて、しあわせな瞬間に出合い…。日常にちりばめられたまばゆいひとコマを豊かな色彩で描く。

新聞で紹介された本