八文字屋

閉じる

八文字屋

menu

店舗情報

イベント

ABOUTUS

八文字屋のご紹介

書籍業三百余年

紅花商を営む初代五十嵐太右衛門の後を継いだ二代目が、上方との商いを通じて、 浮世草子を山形の地に持ち帰ったことから、八文字屋の歴史は幕を開けます。
浮世草子は当時、上方の庶民の間で人気絶頂だった「挿絵入り大衆小説」で、 出版元の名を取り「八文字屋本」と呼ばれていました。
これを多くの人に楽しんでほしいと始めた貸本業が評判となり、八文字屋の屋号として定着しました。
明治初期からは、版元として、教科書本をはじめとする出版事業を開始。 「名所絵図」「城下絵図」など錦絵地図などの印刷・販売にも取り組みます。
京都の八文字屋が大衆文化をリードしていたように、 これらオリジナル出版物も人々の心を豊かに満たすものでした。
昭和43年には、当時もっとも斬新な様式を持つ現本店が完成。
その規模、書籍・文具・音楽・雑貨までの幅広い品揃えなど、 現在主流となっているメガブックストアの先がけ的な存在でした。

123