八文字屋

閉じる

八文字屋

menu

店舗情報

イベント

節分考 〜山形の奇習「鬼は内」〜

板垣 英夫

※一部表現・肩書き等に掲載誌発刊時点のものがある場合があります。


 二月三日節分は太陽と地球との関係でいうと、太陽は南半球にあり、三〜四日あたりから北半球の方に近くなり始める。つまり、冬から春に向かう時期となるので「立春」といわれる二十四節気の一つである。東アジアでは立春の日を「正月」と定め、「春陽」を祝う楽しい行事となる。立春の日を祝う東アジアでは「農作業」を始めるようになり、寒い冬からの解放を願うオリメ (折目、節日)であった。しかし、日本の歴史も大きく変わる室町時代までは「ついな」の行事と節分の行事が似ているので、節分行事は外来の邪気悪霊を防ぐ行事を行うようになった。行事は信仰する神社や氏神によって次のような事をした。

 

①厄払いの豆まき「福は内、鬼は外」。②ヤイカガシ、Wの枝にイワシの頭を刺し、ツバを吐きかけ火で焼き戸口に刺して厄神を防ぐ。③豆占い。④オバケ姿やハダカ参りをする。(③と④は西日本の村の行事に多くみられる)
〔註:追儺は中国から伝わった行事で、寺社の邪気を追い払う儀式。日本では密教系の寺で西暦700年ころより行われていた。これは寺院の修正会で、山形県では最上三十三観音第一番の若松寺で現在も実行されている。御幣のついた桃の枝で鬼面をつけた仮鬼を追い出し、信者の招福を守る行事である。豆まきの始まりの行事とも言われる。〕

 

 「ヤイカガシ」の行事は、山形市の村木沢地区などに見られる。節分は春を招く日であるという考え方から家の中に邪気が入らぬようにダシコ(タヅクリに使う小鰻)の頭を豆柄に刺し、戸口を少し開けて、「鬼は外、 鬼は外、鬼の目ン玉ぶっつぶせ! 福は内、福は内」と唱え、恵方の窓、裏口、便所にいたるまで厄払いをする。この節分行事は長野、 群馬、栃木、会津など内陸の行事が伝わったと考えられる。

 

 町の節分行事には、全国で同じような「豆まき」が行われ、市内の両所宮(宮町)、誓願寺(八日町)などの祭事に見られる。各家庭のなかでも「福は内、鬼は外、天打ち地打ち四方打ち、鬼の目ン玉ぶっつぶせ!」と家族の年男が大声をあげて、一升桝に入れた煎り豆を、玄関や四方の出入り口になる所に豆を投げつける。その後、年の数だけ豆を拾って食べると厄除け、福が授かると伝えられている。しかし、鬼島とか鬼塚など鬼の姓名のある家庭では「福は内」と唱えて「鬼は外」 と言わないという。

 

 節分の日に普通の行事と違った祭事を行う事を以前、民俗芸能会長であった丹野正氏によって紹介された。山形市漆山在住の真壁豊熙さん(真壁源右衛門家)での、節分の夜に追い出された鬼を自分の家に招いて接待する行事である。お膳には、神酒徳利と盃、お頭つきの魚、タヅクリ牛蒡、ヒラ、には大根(白)と人参(赤)を千切りにした膾(なます)、豆御飯とお汁を添えて、床の間の前に鬼を迎える座布団を敷いて準備をする。他の家で「鬼は外」の行事が終わるころ、主人は羽織をつけて、目に見えないが追い出された鬼を招き入れる。なお、真壁家の豆まきの唱え言は「福は内、鬼は内」と言って豆をまくふりをするだけである。招き入れた鬼に酒をすすめ、客人を招待する形で振舞う。

 

 真壁家の奥様も座り、酒の酌をして、客人とともに温かい豆御飯、湯豆腐を食べて接待を終わる。真壁家ではこの行事をすれば、厄災やホウソウにならぬと言われていた。また、節分は春を迎える春節の日(正月)であるから悪い鬼などいないと伝えられていた。鬼も一泊して翌朝になるといなくなったという。

 

 真壁家の歴史は古く、鎌倉時代は常陸国の郷士で、その後、水戸附近の真壁郷の主となり、佐竹藩に仕え二百石の重臣であった。江戸初期には秋田の角館に移り、後に新庄戸沢藩に仕え、明治二十年頃に漆山に定住した。豊熙さんで二十五代目になるという。テレビ時代になると、節分の珍しい行事ということで全国に紹介され、ヤラセの行事になりかけたが、現在は、先祖から伝えられてきた簡素な行事を守っている。なお、同じ形式の「鬼は内」で迎える家が山形市の桜田地区に一軒あり、追われた鬼たちが集まり、心を癒して帰ると言われでいる。

 

,宗教上では邪鬼、善鬼もいる世の中で、すべての鬼を豆を投げて追い出す行事は、一年間の生活の息災、豊かな稔りを願う素朴な庶民の行事である。現代は心を鬼にしてキレル人びとの鬼こそ追い出す行事であって欲しいものである。

 

(出典:『やまがた街角 第4号』2002年2月1日発行)


 

一覧に戻る