八文字屋

閉じる

八文字屋

menu

店舗情報

イベント

山形での野球事始め

松山 次郎
(ノンフィクションライター)


 正確に日本にいつ野球が伝わったのかは定かではない。その理由は、野球伝来については様々な説があり、どれもはっきりとした根拠がないからだ。しかし山形での野球の始まりは、山中(旧制山形中学校。山形東高の前身)第九回(明治二十九年)卒業生で後に、全権大使をも勤めた外交官の奥山清治氏が昭和九年に回想録を書き残している。

 

 それによると、山形に野球らしき概念が入って来たのは、明治二十年ごろ。そのころの野球は、毬を棒で打ち勝負をきめるという、スポーツというより子どもの遊びの一種だったようだ。そのため小中学校ではそんな幼稚な運動には興味もなく、かといって本式の野球は知らなかったのだから、明治二十四、五年頃の山形には野球はなかったと奥山氏は回想している。

 

 明治二十六年、山形地方裁判所の田中検事正の息子に、アメリカ帰りの玄黄さんという人が、山中の西通にあった官舎に住んでいた。どういう切っ掛けかは忘れてしまったと奥山さんは書いているが、同級生だった管野富三郎氏が、玄黄さんに英語を習いに行くようになった。玄黄さんはミシガン大学の卒業生で、本場で野球をやってきたから、管野氏らに野球を説明し、実際にやってみようと考えた。先生方の指導のもと馬見ヶ崎河原の丸馬場(現在の市営陸上競技場)でやることになり、九人の人数が集まり野球の手ほどきが始まった。しかも、器具などは一切なく、今日のとは似ても似つかぬものであったそうだ。用語や規則等は本格的に説明され、実技は玄黄さんの指導のもとで数回やって一通りわかったという。

 

 玄黄さんはその後、山中の英語講師になった。しかし本場仕込みのネイティブ英語は、発音や会話がそれまでの教え方とあまりにも違うため、かえって生徒たちから信頼されなかったという。そんなこともあり、玄黄さんは熊本高校に地位を得て、間もなく山中を去ってしまい、野球の指導も終わりを告げた。

 

 しかし山中の野球の活動は継続された。旅籠町のナメシ革屋に頼んで、鉛塊を入れたポールを作ったり、バットを指物屋に作ってもらったが、本物を見たことかないから、うまくいかず、ポールは新しいうちはまずいいとしても、使っているうちに中の鉛塊が動きだし手におえなくなってくる。ましてミットやマスクがないものだから、捕手などはかなり勇敢でなければ勤まらないポジションだ。こんな不十分な状態ながら、生徒の中にはなかなか筋のよい人も現われた。

 

 その後、奥山氏は仙台の二高(第二高等学校。東北大学の前身)に進学して、初めてその頃の野球というものを見て、それまでやってきた山中の野球が不完全だったと判った。奥山氏は山中の野球に磨きをかける必要があるのではないかと懸念して、ひとつの考えを思いついた。それは高校選手が地方中学にコーチに赴き、それを山中でも受け入れたらどうかということだった。

 

 明治三十年の春(原文ママ)、会議のため仙台に来ていた当時の市瀬禎太郎山中校長に会い、高校選手招聘を進言したところ、帰校のうえ返事をするとのことだった。その返事は肯定的で、二高の木暮理太郎、山田浩三の両選手が出張することとなり、明治三十二年七月十七日から二十九日まで二週間あまり山中で指導が行なわれた。

 

 奥山氏は「山中野球部が田中玄黄氏および木暮、山田両氏に負う所が大なるを懐かしみ、野球起源の一端を語らん」と筆を置いている。

 

 田中玄黄氏に手ほどきを受けた奥山清治氏、平田重兵衛氏、東海林岸太郎氏(西村と改姓)らの尽力で、中原貞七第八代山中校長の賛成を得て山中に野球倶楽部の創立が認められた。この時代、山中は山形における野球の発祥地だったが、対抗試合をできる相手チームがなく、試合はもっぱら校内だけで行なわれていたそうだ。

 

参考資料「山形東高野球部史」

 

(出典:『やまがた街角 第37号』2007年8月1日発行)


 

一覧に戻る