八文字屋

閉じる

八文字屋

menu

店舗情報

イベント

第161回芥川賞・直木賞発表!
●芥川賞 今村夏子さん『むらさきのスカートの女』(朝日新聞出版)
●直木賞 大島真寿美さん『渦 妹背山婦女庭訓魂結び』(文藝春秋)

<お知らせ>
誠に勝手ながら、2019年7月1日より八文字屋ポイントカード(一般) の付与率を一律200円で1ポイントに変更させて頂きます。 ご理解の程何卒よろしくお願い申し上げます。

イベント・お知らせ

八文字屋北店

TENDO八文字屋

八文字屋書店泉店

八文字屋書店SELVA店

2019年07月27日 - 2019年08月04日

ノラネコぐんだん缶バッジをつくろう

八文字屋本店

2019年07月01日 - 2019年07月29日

KOTORITACHI フェア開催中

八文字屋プレミアムメンバー 「GOLD CARD」発行のお知らせ

more

インフォメーション

Twitter and facebook

八文字屋週間ランキング

クジラアタマの王様

伊坂幸太郎/NHK出版

1620円

先週の順位1位 new

希望の糸

東野圭吾/講談社

1836円

先週の順位2位 new

てんげんつう

畠中恵/新潮社

1512円

new

夏の騎士

百田尚樹/新潮社

1512円

new

ノーサイド・ゲーム

池井戸潤/ダイヤモンド社

1728円

先週の順位3位 new

他のランキングを見る

オリジナルグッズ

more

新刊情報

文藝春秋 / 大島 真寿美

1,998円

江戸時代、芝居小屋が立ち並ぶ大坂・道頓堀。 儒学者・穂積以貫の次男として生まれた成章。芝居小屋に通い出してから、浄瑠璃の魅力に取り付かれる。近松門左衛門の硯を父からもらって、物書きの道へ進むことに。浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いた、著者初の時代小説。

むらさきのスカートの女

朝日新聞出版 / 今村 夏子

1,404円

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性が気になって仕方のない〈わたし〉は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導し、その生活を観察し続け…。狂気と紙一重の滑稽さ。〈わたし〉が望むものとは?

店長がバカすぎて

角川春樹事務所 / 早見 和真

1,620円

谷原京子、契約社員、時給998円。店長が、小説家が、弊社の社長が、営業がバカすぎて「マジ辞めてやる!」 でも、でも…。本を愛する書店員の物語。

ヴェールドマン仮説

講談社 / 西尾 維新

1,620円

名探偵一家のサポートに徹するぼくだけれど、ある日強烈な「首吊り死体」を発見し、連続殺人事件を追うことに。被疑者は怪人・ヴェール(布)ドマン・・・。

150年前の科学誌『NATURE』には何が書かれていたのか

ベレ出版 / 瀧澤 美奈子

1,620円

創刊に託された思い、当時の科学、宗教と科学の関係、女性科学者の不遇と活躍、記事から見える日本の姿…。科学雑誌『NATURE』の創刊当時の記事を読み解き、科学の源流をたどる。

だれかにはなしたくなるあやしい植物図鑑

ダイヤモンド社 / 菅原 久夫(監修),白井 匠,クリハラ タカシ(著)

1,080円

ライオンに勝つライオンゴロシ、7年かけてくさい花を咲かすスマトラオオコンニャク、虫が多いほど辛くなるトウガラシ…。この世にあふれる、あやしい植物96種をイラストで紹介する。袋とじの植物MAP付き。

新聞で紹介された本